ホワイトニングテープの効果と使い方、デメリットとは?

シェアする

ホワイトニングテープ

カオリ
『ホワイトニングテープ』をご存知ですか?

『ホワイトニングテープ』は、自宅で歯にテープを張るだけで歯を強力に白くできる優れものです。

手軽にホワイトニングができると海外では人気の商品なのですが、日本で使う分にはデメリットもあるので注意が必要です。

ここではホワイトニングテープの具体的な効果や正しい使い方、注意点を紹介します。

ホワイトニングテープとは?

ホワイトニングテープは、歯に透明なテープを貼り付けて一定時間待つだけで、テープに付着した漂白剤が歯を強力に白くしてくれるものです。

日本では市販されていませんが、海外ではアメリカを中心に街中のドラッグストアで広く販売されています。

ホワイトニングテープは、歯の健康や見た目を重視する人が多くいるアメリカでは日常的に使われています。

一番人気は『クレスト 3D ホワイトストリップス プロフェッショナルエフェクツ』

たくさんの種類があるホワイトニングテープの中でも、もっとも効果が高く、人気あるのが『クレスト 3D ホワイトストリップス プロフェッショナルエフェクツ』です。

ホワイトニングテープ

1箱20回分入りで価格は6,000円~8,000円程度。

Yahoo!ショッピングや楽天、Amazonなど通販サイトで購入できます。※記事をアップした現時点で楽天、Amazonは在庫切れでした。

海外からの輸入販売となるため、通販サイトにより値段がまちまちであったり、在庫切れだったりすることがあるため、複数のサイトを比較してみると良いでしょう。

『クレスト 3D ホワイトストリップス』は種類が豊富

ホワイトニングテープのクレスト 3D ホワイトストリップスにはいくつか種類がありますが、一番人気があり、効果が高いのが先ほど紹介した『プロフェッショナルエフェクツ』です。

他にも下記のような商品があります。

  • アドヴァンスヴィヴィッド(ADVANCED VIVID)
  • ヴィヴィッド(VIVID)
  • グラマラスホワイト(Luxe Glamarous White)
  • 1アワーエクスプレス(1Hour Express)

いずれも効果が弱いものだったり、効果が強すぎるものだったりするため、使うのであれば『プロフェッショナルエフェクツ』が一番のおすすめです。

パッケージが似ており、書いてある文字を良く見ないと違う商品を買ってしまうことがあるので注意が必要です。

ホワイトニングテープが日本で市販されていない理由

ホワイトニングテープは日本の一般的なドラッグストアやスーパーなどでは市販されていません。

これは、歯を白くするための成分として取扱い上注意が必要である、高濃度の過酸化水素が配合されているためです。

ホワイトニングテープには10%程度の過酸化水素が含まれているのですが、日本では過酸化水素の含有率が6%を超える商品は劇物(人体に対して毒性を持つ物質)として扱われるため、法律上市販が許可されていないのです。

アメリカではトラブルが起きても『自己責任』で済むので販売が自由なのですが、日本では販売が禁止されています。

海外で直接購入する、通販で購入する、といった方法でしか手に入れることが出来ません。

ホワイトニングテープの正しい使い方と使用頻度は?

ホワイトニングテープ『クレスト 3D ホワイトストリップス プロフェッショナルエフェクツ』の使い方と使用頻度を紹介します。

ホワイトニングテープの使用方法

主に4つのステップがあります。

1.事前に歯の汚れを取り除く

まず歯ブラシで歯の表面の食べかす・汚れを落とします。

汚れが付着していると、ホワイトニング剤が歯に十分に浸透しないためです。

丁寧にブラッシングをして食べかすや汚れを落としましょう。

2.歯にシールを貼る

ケースには上の歯用(Upper strip)と下の歯用(Lower strip)のテープがそれぞれ20枚ずつ入っています。計20日分です。

事前に歯の表面をティッシュやタオルなどで拭き取ったうえで、テープの裏面をはがし、ジェル状の薬がついている面を歯に貼り付けていきます。

唾液や痰(たん)などの異物が入り込むと、薬剤が歯に浸透せず、効果が半減するので注意です。

また、テープは歯に対して大きめに作られているので、余った部分は歯の裏側に折り返します。

3.30分間待つ

テープに含まれた過酸化水素が、歯の表面の汚れを漂白し終えるまでに約30分間かかります。

できるだけ安静に待つことがベストですが、水を飲んだり多少の会話をしたりする程度は問題ありません。

歯を頻繁に動かしたり、食事や運動をしたりするのは避けましょう。

また、唾液がテープ部分にたまることがあるので、その際はティッシュやタオルでふき取りましょう。

4.テープをはがす

テープをはがしたら歯にジェル状のネバネバが残ります。

水で口をゆすぎ、洗い流しましょう。

以上で完了です。

ホワイトニングテープの使用頻度は?

基本的には1日1回使用します。

使用後はしばらく飲食を控えた方がよいので、食後が良いでしょう。

まれに朝晩と1日2回使用する方がいますが、歯や歯ぐきへのダメージが大きいので避けた方が良いでしょう。

1日1回で早ければ3日ほどで目に見えて歯が白くなる効果が現れます。

ホワイトニングテープの3つのデメリットと口コミ

ホワイトニングテープのデメリットには以下のようなものがあります。

  • 痛みや知覚過敏が出る場合がある
  • 色むらが出る場合がある
  • テープの形が歯に合わない

痛みや知覚過敏が出る場合がある

けがをしたときに、消毒液(オキシドール)を傷口に塗ってしみた経験がある人は多いと思います。

この痛みやしみは、消毒液(オキシドール)に薄く含まれる過酸化水素の刺激によるものです。

ホワイトニングテープには、消毒液より遥かに高濃度な過酸化水素が含まれているため、激しい痛みや知覚過敏を感じる場合があります。

特に、歯の表面に傷がある場合や虫歯・歯周病がある場合、過酸化水素が歯の神経近くまで届いてしまい、悶絶するような痛さとなる場合があります。

実際に、ネット上にも痛みが出て合わなかったという口コミが多数みられます。

せっかく高いお金を出したのに痛みが出て使えないという場合がありますので注意が必要です。

色ムラが出る場合がある

ホワイトニングテープの貼り方が悪かったり、歯の表面に唾液がついていたりした場合、歯に色ムラが出る場合があります。

特に、テープと歯との間にすき間が空いてしまうと、そこは十分に漂白されないので、他の歯との色の違いが目立つ恐れがあります。

丁寧に貼ることを意識しましょう。性格がずぼらな人は使わない方がよいかもしれません。

テープの形が歯に合わない場合がある

歯並びが悪い人はテープを歯に沿ってきれいに貼り付けられない場合があります。

また口が小さくてうまく貼れないという場合もあります。

歯並びが悪い人は使わない方が良いでしょう。

ホワイトニングテープよりも断然おすすめのアイテムとは?

ホワイトニングテープよりおすすめなのが、ホワイトニングジェル『ちゅらトゥースホワイトニング』です。

いつもの歯磨きの後にちゅらトゥースホワイトニングを付けてブラッシングするだけで、手軽にホワイトニングできる商品で、痛みや色ムラが出る心配がありません。

医薬部外品として厚生労働省からホワイトニング効能を認められているため、効果が期待できます。

価格も比較的お手頃な1本3,980円で、1カ月以上持ちます。歯を白くする効果が高いため、口コミや評判が高いのが特徴です。

ホワイトニングジェル『ちゅらトゥースホワイトニング』の詳細は下記の記事にまとめていますので参考にしてください。

【画像あり】ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ・評判・効果は!?ホワイトニング&口臭対策にピッタリ!!
こんな悩みはありませんか?? 歯を白くすることで第一印象を変えて、清潔でスマートなイメ...

また、妊婦・授乳中の方やオーガニック派の方は、『はははのは』もおすすめです。

界面活性剤、研磨剤、漂白剤、発泡剤、着色料などといった添加物が一切入っておらず、オーガニック成分で出来ているため、誰でも安心して使える商品です。

気になる方は下記のページで『はははのは』の詳細をまとめていますので参考にしてください。

オーガニック・無添加のホワイトニングジェル『はははのは』の口コミと効果
『はははのは』の公式サイトはこちら 『はははのは』とは? 『はははのは』は製薬会社(メデ...

まとめ

カオリ
ホワイトニングテープは効果が高いものの、劇物指定の過酸化水素が高濃度に含まれているため、歯の痛みやしみが出やすい商品です。

また、歯並びが悪い方や口が小さい方にも合わない商品です。事前にデメリットを把握し、納得したうえで使うのが良いでしょう。

手軽にホワイトニングを試したい方は『ちゅらトゥースホワイトニング』を使ってみるのがおすすめです。

無理をせず、きれいな歯を目指していきましょう。