【初めての人向け】歯の矯正を優しく解説!矯正のメリットとは?

シェアする

歯の矯正治療

カオリ
歯の矯正に興味を持っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、『どんな人が受けるべき治療なのか?』『具体的に何をするのか?』について理解がある人は少ないです。

今回は歯の矯正について、初心者向けに優しく解説します。これから矯正を受けるかどうか検討している方はぜひご覧になってください。

歯の矯正とは?

歯の矯正とは、専用の歯の矯正装置を装着することで1年半~3年ほどかけてゆっくりと歯を正しい位置に動かす治療のことです。

歯の矯正では、歯並びを治すことで歯の機能を正常に回復させ、口や全身の病気になるリスクを減らすことが目的です。

もちろん、歯の見た目が断然良くなりますし、小顔になる効果もあるので、口を開けたときや話しているときの他人からの視線が気になる人にもおすすめできる治療です。

歯の矯正のやり方

歯の矯正のやり方は主に4種類あります。

それぞれ概要を説明します。

金属ブラケット矯正

金属ブラケット矯正

弓形のワイヤー(針金)に、金属のブラケットをつなげたものを歯の1本1本につけて固定した装置を使う矯正治療です。

ワイヤーが元の形に戻ろうとする力を利用して歯に固定された金属に力を加え、徐々に正しい位置に動かしていきます。

もっとも一般的な矯正治療で費用が安いのですが、矯正中の見た目が悪いというデメリットがあります。

審美ブラケット矯正

審美ブラケット矯正

ブラケットに、プラスチックやセラミックといった金属以外の素材が使われる矯正治療です。

歯を正しい位置に動かす仕組みは、金属の矯正治療と同じです。

半透明や白の素材なので金属に比べて目立ちにくいことが特徴ですが、10~20万円ほど費用が高くなります。

リンガル矯正(裏側矯正)

リンガル矯正(裏側矯正)

ワイヤーとブラケットを使用するのは同じですが、歯の裏側に矯正装置を取り付けるのがリンガル(裏側)矯正です。

金属・クリアのワイヤー矯正よりも費用がかなり高くなりますが、外からはほとんど目立たないので見た目を気にする人にはおすすめです。

ただ、歯科医師の高い技術が求められることから、リンガル矯正に対応していない歯医者があります。

希望する人は歯医者に電話で事前に確認するかホームページで確認すると良いでしょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明のプラスチック製のマウスピースを装着する矯正治療です。

透明であるため、外から見たときに矯正していることが分かりにくく、食事のときなどに外せるので、気軽に矯正ができる治療法です。

ただし、矯正費用が一番高く、矯正期間が半年~1年程度長くなるのがデメリットです。

歯の矯正の期間

歯の矯正を開始してから完了するまでの期間は、早い人で1年半、長くて3年程度です。

矯正開始前の歯並びの程度や矯正方法によって矯正の期間は変わります。

また、当初の矯正期間終了後にキレイな歯並びにならなかった場合には、矯正期間がさらに伸びる場合もあります。

歯の矯正にかかる費用

歯の矯正にかかる費用は高額で金属ブラケット矯正の場合で、60~100万円が目安です。

審美ブラケット矯正やリンガル矯正、マウスピース矯正を選んだ場合にはさらに10万円~30万円程度上乗せでかかります。

歯の矯正は保険が効かない自由診療であるため、歯医者によって費用はまちまちです。

最近は歯医者のホームページ上に矯正費用を掲載していることが多いため、参考にすると良いでしょう。

また、どの歯医者も相談だけであれば無料としていることが多いので、まずは見積もりだけしてもらうのが良いでしょう。

歯の矯正をした方が良い人とは?特徴は?

歯の矯正は見た目が良くなるだけでなく、健康にも影響するため、歯並びが悪いと自覚している人は歯科医に相談を行った方がよいでしょう。

ここで、矯正治療を行った方が良い人とはどのような人なのかを紹介します。

歯並びがガタガタな人

歯並びが悪いと、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間などに食べかすや汚れが詰まりやすくなります。

溜まった食べかすや汚れは歯の表面に付着し、虫歯菌や歯周病菌のたまり場になり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

矯正によって歯並びを改善し、口内を汚れが溜まりにくい環境にすることが大切です。

上下の歯のかみ合わせが悪い

かみ合わせが悪いと、食べ物をかみ切る機能が低下し、消化されにくくなるため、胃や腸へ負担がかかりますし、肥満につながります。

また、噛み合わせが悪いことで余計な力がかかり、顎関節症や肩こり、腰痛など、全身への悪影響を及ぼすことがあります。

他にも精神的にイライラしたり、集中力が保てないということが起こりえます。

かみ合わせの悪さを自覚している人は、他部位に影響する前に矯正治療を受けた方が良いでしょう。

出っ歯や受け口である

出っ歯や受け口である場合、言葉が発音しづらく、発音や滑舌が悪くなります。

歯並びの悪さが発音に影響することはあまり知られていませんが、矯正をするだけで発音・滑舌が良くなる場合が多々あります。

仕事上人と良く話す場合は、出っ歯や受け口を治した方が良いでしょう。

さらに、出っ歯や受け口の人が矯正をすると、顔の形が断然に良くなる可能性があります。スマートに見られたい人はぜひ試してみてくださいね。

口を自然に閉じることができない

口が空いたままの状態が続くと口内が乾燥しやすくなり、汚れを洗い流す唾液の分泌量が減るため、きつい口臭の原因になります。

また、口呼吸になることで外からのばい菌が口から体内に入りやすくなり、風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなったりします。

口を自然に閉じることが出来ない人や口を閉じにくい人は矯正を受けた方が良いでしょう。

矯正のメリットとデメリット

これから矯正を受けようと考えている人に矯正のメリットとデメリットをお伝えします。

メリットばかりではなく、デメリットもありますので、良く検討したうえで矯正治療に着手するようにしましょう。

矯正のメリット

見た目が良くなる

歯の見た目にコンプレックスを持っている人は、矯正することで見た目が断然良くなり、コンプレックスを失くすことができます。

さらには顔の形が良くなるので外見的にもプラスになります。

笑うのを我慢したり、人と話すときに口を隠してしまったりしていると、毎日の生活でストレスが溜まり精神的衛生上よくありません。

矯正によってきれいな見た目を手に入れれば、自分に自信が持てることにつながります。

虫歯や歯周病、口臭など、口内の病気を予防できる

歯並びを改善することは虫歯や歯周病、きつい口臭といった口内の異常を予防することにつながります。

治療を終えてきれいになった歯並びが、すぐに以前の悪い状態に戻ってしまうような例はほとんどありません。

つまり治療後から数年~数十年は、歯磨きなどを疎かにしない限り、食べカスや菌が溜まりにくく、虫歯や歯周病になりにくい口内環境を保つことができるのです。

矯正のデメリット

慣れるまでに時間がかかる

治療方法によっては他人から見た目に目立つことや、口の中に装置が入っている異物感などから、慣れるまでに時間がかかることがデメリットです。

見た目に関して言えば、たとえば「結婚式の前に矯正をしてしまい後悔した」ということもあり得ます。

矯正をしたいと考えている人は、治療開始前に自身の1年半~3年くらいの予定を考えながら、また医師と期間や治療の種類などについて相談しながら計画的に利用しましょう。

治療費が高額

矯正の治療費は上でも書きましたが、60万円~100万円程度と高額です。しかも、保険が適用されません。

治療を考えている人は自分の経済状況と相談して、支払いの計画をしっかりと立てることが大切です。

痛みが出る場合がある

ワイヤーを使った矯正では、治療を開始してからしばらくは痛みが出る可能性があります。

矯正の力の強さに歯が負けて痛みを感じるのです。

ただ、遅くても1週間ぐらいで痛みがおさまりますし、我慢できない場合は調整してくれますのでそこまで心配する必要はありません。

矯正治療を受けるうえで一番注意すべき点とは?

メリットだけでなく、デメリットも理解したうえで矯正治療を受ける場合、一番重要なのが矯正を受ける歯医者選びです。

矯正の結果は歯科医の技術により変わることが多く、下手な歯科医による治療で『お金だけ取られてキレイにならなかった』という失敗も多々あります。

まず重要なのが歯医者での矯正治療の実績です。実績が豊富な歯医者であれば技術があるはずなので、下手な治療にはならないでしょう。

おすすめは大塚駅前歯科です。

JR大塚駅南口下車徒歩10秒にある歯医者で、矯正を専門に行っており、北海道から沖縄まで日本全国から技術を求めて通院する方が多くいる矯正専門医です。

抜歯を行うことがほとんどなく、今ある歯を生かして矯正を行います。年間150症例以上の患者に応対しているため十分な実績があります。

費用は明朗でホームページ上に掲載されている通りです。若干高めではありますが、確かな技術を持っていることから間違えはないでしょう。

興味を持った方はまずは無料カウンセリングをしてみてはいかがでしょうか?下記のリンクからどうぞ。

また、地方にお住まいで近くの歯医者で矯正を受けたいという方はe-矯正歯科.comで口コミを調べてみるのが良いでしょう。

口コミが良い歯医者や実績がある歯医者に間違えは少ないです。下記のリンクから歯医者を検索してみてください。

まとめ

カオリ
矯正治療では、見た目が良くなるばかりではなく、虫歯や歯周病、口臭などのお口のトラブルも改善することが出来ます。

歯並びに悩んでいる方は、歯医者に相談しに行ってみると良いでしょう。出来れば複数の歯医者で相談を受けて見積もりをもらうことをおすすめします。

東京に住んでいる方は、実績が豊富な大塚駅前歯科であれば間違えはないです。首都圏以外の方はe-矯正歯科.comで口コミを見てから決めるのも良いでしょう。

矯正は歯医者の腕により結果が違いますし、費用は差がありますので、確かな歯医者を選ぶことが大切ですよ。